介護関連の看護師求人を探す

看護師の職場は病院・クリニックの他に、介護関連の施設もあります。高齢化社会が進む現在、介護関連の看護師のニーズは非常に高まっています。

介護関連の看護師

高齢化社会の実態を知る

看護師の職場の一つに、ケア施設介護施設があります。

日本の少子高齢化はこれからさらに深刻になるとも言われており、介護施設は今後ますます増えていくでしょう

看護師の皆さんが自分に最適な職場を探すためにも、高齢化社会の実態を把握しておくのは非常に大切なことです。

日本はかつてないほど少子高齢化が急速に進み、高齢化社会が現実になりました。

高齢者とは65歳以上のことを指し、65歳以上の国民の全体に占める割合が高くなることを高齢化社会と呼んでいます。

さらにこの割合がさらに高くなる状態を、超高齢化社会と呼びます。

医療技術の進歩や、栄養豊かな食生活、社会インフラの整備などとともに、日本人の寿命は年々伸びています。

統計上、日本人の寿命は女性は約86歳、男性は79歳となっており、日本人が長生きすることができるようになったことを裏付けています。

2010年度の統計によれば、65歳以上の高齢者が人口に占める割合は20%を超え、超高齢化社会を迎えていることがわかります。

介護施設の増加で高まる看護師のニーズ

実際に高齢者を支えるためには、高齢者の健康を支え、老後を生きがいのあるものとするための政策や施設が必要となります。

そこで今急速に増加しているのが、看護師の職場としても候補として挙げられる高齢者向けのケア施設や介護施設です

日本は国民皆保険制度を取っており、40歳以上は介護保険に加入することが義務付けられています。

そのため、高齢者のうち介護保険の適用を受ける被保険者が増加しており、今後も高齢者向けのケア施設や介護施設の必要性は衰えるどころかますます高まっていきます。

このような施設では看護師の役割も重要になってきます。
よって看護師の職場として、ケア施設や介護施設はますます脚光を浴びています。